本文へ移動

社員のつぶやき

社員のつぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

災害の備え

2020-10-16
横浜市内や三浦半島で異臭騒ぎが起きています。
ガスのような臭い。ゴムが焼けた臭い。
石油化学工場からなのか?
地震の前兆なのか?
原因不明なので恐ろしいです。
 
私が住んでいるマンションの防災委員会とやらに参加しています。
輪番で今年は我が家に回ってきました
東日本大震災以降、地震の備えで活動していたようですが、近年は台風や大雨で毎年のように水害が
おきています。
昨年の台風19号で多摩川が氾濫したのは記憶に新しいと思います。
葛飾区、江戸川区では荒川や新中川が氾濫するのではと避難勧告が発令されました。
最近のマンションでは止水機能を持つシャッターがあるそうですが、止水板を準備した方がいいのか。
逃げ遅れたときのためにマニュアルを作成したりと皆さん防災意識が高い方ばかりです。
我が家はカセットコンロとランタンはありますが、飲み水や食料など特に用意していないし、
リュックに入れてすぐに持ち出せるようになっていません
 
異臭がスーパー南海地震の前兆なんてテレビで言われると急に怖くなって本気で備えておかなければ
 
        本社 業務 HISAKO

長年の腰痛でMRI

2020-10-13
こんにちは本社の村雲です。
長いこと腰痛に悩まされ最近左足の土踏まずの裏から親指あたりまで
しびれが酷くなり人生初のMRIを受診しに行ってきました。
結果は腰からのしびれの疑いは少ないとの事で一安心しました。
その後、先生に検診とエコーで確認をした結果、ガングリオンの疑い有りと
受診され、初めて聞いた病名なので少し不安でした。
病気の内容としては関節の間の袋にゼリー状の液体が漏れ出し神経を圧迫してしびれが
出ているのではとの事でしたので手術になるか注射で液体を抜いて良くなるのかまだわかりません。
足のMRIを再度撮影することになったのでその結果次第です。
いろんな所が少しづつ悪くなり更年期障害のような体調が悪い日もあるので無理をしないで
やっていこうと思います。本当に年は取りたくないものです。
みなさんも体には十分注意して頑張りましょう。

~山行~

2020-10-08
ただいま、断食真っ最中の本社営業の吉野です。
今回は3日間で3キロ落ちました。
まー自粛太りだったんで元に戻ったというのが本当ですが……
 
 
久々に山に行ってきたのでその話です。今回は北アルプス蝶ヶ岳〜常念岳と八ヶ岳の人気の山です。
まさに登山シーズンなので駐車場がThe☆密でした!
夜中の3時くらいにいつも到着するんですが既に車満載です。
自粛の鬱憤が溜まっているんでしょうかね……
 
そして黙っていましたが今年からテント泊を始めました。
テント場もThe☆密でした!
この時期に2000m近いところでテント泊すると息が真っ白です。上下ダウン、カイロをしのばせてないと凍えます。
持ってなかったんで凍えたんですけど。
 
 
ただ、最高です!
大自然の中で小さいテントが自分だけの空間になる。
 
マイホームに自分の部屋がないからって負け惜しみで言ってるのではありません。
 
 
凛とした空気、静寂、空を覆うような星の数✨
 
 
最高です!
 
 
蝶ヶ岳〜常念岳は足が死にました。急登続くは距離が長いわで翌日の階段昇り降りが大変でした。
※さりげなく翌日に筋肉痛になりますアピールをしました。
 
八ヶ岳は初めてソロで行ってみました。誰とも相談することなく、自由に。
ただちょっと怖いんで熊よけの鈴鳴らしながら1人で進む。
仲間と行くのもいいですけどこれもまたオツでした。
 
どちらも快晴とはいきませんでしたがまあまあの景色が見れました。
 
まだまだシーズンなので今年中にもう何座かクリアしたいと思っています。
そして気持ちもクリアになって、フレッシュな気持ちで仕事にのぞみたいと思います。
 
 
※そういえばその前に奥多摩の両神山にも登ったけど、急登、長い鎖場の連続、そして雨、身の危険を感じながらだったので修行そのものでした

猿橋

2020-10-01
高尾山の夜登山、USJ、ハワイ、そして甲子園とスマホの写真を見てみると遊んでばかりの2年でしたが、先週2年ぶりで旧街道を歩いて来ました。
甲州街道は、東海道や中山道等と違い市販のガイドブックやネットの地図等によって旧道のルートが違い参っています。
途中で消えてしまいそうな不安な道、藪で塞がれた道もあったりと旧道を歩くのもなかなか厄介である。
旧道ルート判断の決め手である『歴史の道調査報告書』。
これは文化庁の事業であるが、何故か神奈川県の報告書が無く、歴史の道の調査が行われていない4府県の一つであるらしい。
その為なのか、甲州街道には分かれ道やらの案内板などが殆どない。
3日目の笹子峠越えで山中の獣道で道に迷い、遠周りを余儀なくされて、朝8時から夜の17時過ぎまで28キロちかく歩き回りました。
道を間違えての遠回りには流石に参りましたが、目的地の石和でのビールと鳥もつが旨かった事で許す事にしました。
しかし、昔の旅人は誰もが健脚であったようだ。
広重が天保12年(1814年)に残した日記には、江戸から甲府まで142キロ(約36里)を4日で歩き通したと書かれてある。
皆さん、142キロを4日ですよ、4日。ちなみに私は、6日でした。
如何に昔の人が健脚だったかわかりますよね。
さて、今回の見どころは猿橋。
皆さんもラジオの交通情報でよく聞く、中央高速猿橋バス停付近から〇〇キロの渋滞ですの、あの猿橋である。
岩国の錦帯橋、木曽の桟(かけはし)と並ぶ、日本三奇橋の一つで、広重の『甲陽猿橋之図』にも描かれている。
名前の由来は西暦600年頃、難航していた橋の建設の最中に沢山の猿がつながりあって対岸へと渡っていく姿からヒントを得て、成功したからと言われているらしい。
現在の橋は1984年に架け替えたものであるが、私には、奇橋と言うより美橋である。
今回は与瀬宿(相模湖駅)からスタートして甲府宿までの約80キロ。峠越えはきつかったが133,725歩、何とか無事に歩き通せました。
 
P.S. 写真は猿橋です。
 
 
 
             森   上 (克)
 
 
 
 

秋といえば

2020-09-30
皆さん、こんにちは、本社配属の石原です。
早いもので私が入社してからもう5か月が経ってしまいます。
夏も終わり、やっと暑さが落ちついてきましたね。

先日まで秋の長雨が続いていましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
今週からは再び天気に恵まれそうでよかったです。

さて、秋といえば皆さんは何の秋を想像しますか?
食欲の秋、運動の秋、芸術の秋…など多種多様な秋がありますね。
今思い返せば、私は生まれてから24年間、「食欲の秋」で生きてきました。
そんな自分とはさよならするために今年の秋は、本を読むようにしたいですね
自分の性格と今までの生き方を考えると読書はあまり向かないと思うのですが
日々勉強ということで24歳からですけれども、少しづつ習慣化できればいいなと考えております。

これからますます気温が下がり寒い気候となることでしょう。
体調に気を付けながらお過ごしくださいませ。

【株式会社 三幸商会】
東京都江戸川区上一色3-27-5
TEL.03-3654-2324
FAX.03-3674-1881

-------------------------------------
1.コピー機等の販売
2.オフィス用品販売
3.ネットワーク業務・
  クラウドシステム・保守
4.オフィスサプライ販売

-------------------------------------

 

TOPへ戻る